0℃-50℃,プール,amazonhealthstore.com,実験室,スイッチボタン,2847円,TDSメーター,TDS温度テスター,/Halcyonidae960875.html,水耕栽培,産業・研究開発用品 , 研究開発用品 , 研究用機器・計測機器 2847円 TDSメーター TDS温度テスター 0℃-50℃ スイッチボタン 実験室 プール 水耕栽培 産業・研究開発用品 研究開発用品 研究用機器・計測機器 0℃-50℃,プール,amazonhealthstore.com,実験室,スイッチボタン,2847円,TDSメーター,TDS温度テスター,/Halcyonidae960875.html,水耕栽培,産業・研究開発用品 , 研究開発用品 , 研究用機器・計測機器 2847円 TDSメーター TDS温度テスター 0℃-50℃ スイッチボタン 実験室 プール 水耕栽培 産業・研究開発用品 研究開発用品 研究用機器・計測機器 TDSメーター TDS温度テスター 0℃-50℃ 美しい スイッチボタン 水耕栽培 プール 実験室 TDSメーター TDS温度テスター 0℃-50℃ 美しい スイッチボタン 水耕栽培 プール 実験室

TDSメーター TDS温度テスター 0℃-50℃ 美しい スイッチボタン 水耕栽培 プール 実験室 独創的

TDSメーター TDS温度テスター 0℃-50℃ スイッチボタン 実験室 プール 水耕栽培

2847円

TDSメーター TDS温度テスター 0℃-50℃ スイッチボタン 実験室 プール 水耕栽培

機能:
1。 [2 IN 1 DESIGN] TDS温度テスターは、水温とTDS値の測定をサポートし、高速で正確な測定を提供します。
2。 【バックライトボタン】読みやすく、暗闇での使用に影響を与えず、測定結果を直感的かつ明確に表示するバックライト表示に対応しています。
3。 【スイッチボタン】pptppm換算ボタンで、実際の状況に応じて、使用ニーズに合わせて適切な測定単位を選択できます。
4。 【高品質素材】高品質のABSプラスチック素材を使用し、安全・耐久性、耐食性、耐摩耗性に優れ、長寿命です。
5。 [ノンスリップデザイン]つや消しカバーとファンクションキーで設計されており、滑りにくく、持ちやすく、飲料水、水耕栽培、水族館、プール、実験室などの測定に適しています。


使用方法:
1。保護キャップを取り外します。
2。電極を蒸留水で洗浄し、濾紙で乾燥させます。
3。試験する液体に電極を入れ、軽く振ってください。数値が安定したら、最終値を読み取ります。
4。使用後は、電極を清掃し、保護キャップをかぶせてください。


仕様:

アイテムタイプ:TDS温度計
材質:ABS
重量:約451g / 15.9oz
商品サイズ:約16.5x7.5x3cm / 6.5x3.0x1.2in
範囲:
温度:0℃-100℃
TDS:最小:0-1999ppm、最大:0-19.99PPT
解像度:
温度:0.1℃
TDS:最小:1PPM、最大:0.01PPT
精度:
温度:±0




















TDSメーター TDS温度テスター 0℃-50℃ スイッチボタン 実験室 プール 水耕栽培

梅雨入り?

ゴールデンウイークであるにも関わらず、宮古島はあいにく曇りか雨の天気が続いている。

この先の天気予報を見てみても、晴れの予報は見えてこない。

那覇では梅雨入り宣言というものがあるそうだけど、離島では梅雨入り宣言というのがないようで、もしかしたら梅雨入りしたのかもしれないと思う。

湿度100%にもなるという宮古島の梅雨を、僕たちはどうやって乗り切って行くのだろうか?と考えているところ。

大きくは、海を散歩させることと、カビとの戦いなのだけど、手探りであれこれ試していくしかないかなと思っている。

とりあえず、海のレインコートを買ったのと、カビ用スプレーを準備した。

あとは、除湿機を調べているところ。

この家の前の持ち主がやってきた。

夕方、晩ごはんを準備していると、キッチンから見える裏庭に車が止まって、40代くらいの女性が車から降りて伸びをしているのが見えた。

「あれ、娘さんかも・・・」

娘さんと言うのは、この家の前の持ち主の末娘さんのことで、僕たちの家の裏の空き地を持っている女性。

しばらくすると玄関の呼び鈴が鳴ったので出てみると、そこにはその娘さんと前の持ち主の70代のお婆さんが立っていた。

「明日は1日なので、お墓にお花を持って行くので花を取りに来ました」

僕は、2人を連れて庭を案内しながら、植え直したブーゲンビレアやバラや宿根草を見せた。

「こんなに綺麗にお花を咲かせてくださってありがとうございます」

娘さんは花々に感動したようで、何度もお礼を言った。

「あそこにあった白い蔓の植物は切ってしまったのですか?あれはいい匂いがしたのだけど・・・」

「あ、マダガスカルジャスミンですね・・・あれは蔓がそこらじゅう絡みついていたので思い切って伐採しました」

ふたりは庭を懐かしそうに眺めては、目を輝かせていた。

今までにお婆さんがこの家にきたのは3回くらい。旦那さんや3人の子どもたちと暮らした日々を、今でも大切に思っているのがわかる。

「またいつでもお花を取りに来てくださいね」

そう言って2人を見送ったのだった。

食費。

宮古島で暮らすようになってから、僕たちは家計簿をざっくりとつけている。こんなことをするのは人生で初めてのこと。

それは、リフォームでどれくらいかかっているか、公共料金、税金、保険、年金がどれくらいか、ガソリン代がどれくらいかなどつぶさにわかるからだ。

ある日、世の中のふたり分の食費の平均額を調べたら・・・67,000円くらいだった。

この額を見てふたりで愕然としたのは言うまでもない。

目標はまず8万円。いや、やっぱり10万円かな…。

5月からまたやりくりしてみようと思う。

宮古島のクリーニング屋さん。

冬物のセーターをクリーニングに出したいと思っていたのだけど、町中を走る限りあんまりクリーニング屋さんが見当たらない。

ないわけではないのだけど、ここで大丈夫かな?と思うような古びたクリーニング屋かとても小さな商店だったりするのだ。

そこで、大型スーパーの横に併設されているクリーニング店に行ってみた。

「これは普通の毛なのでいいのですが、このセーターはカシミアなのでデラックスでお願いします」

「そう言うものはうちにはないんです。セーターはセーターで全部一緒だから」

驚いたことに、2軒回ったクリーニング屋さんにはどちらにもデラックスなどのクリーニングはなくて、他のセーターと一律の洗い方しかなかった。

考えてみたら、そもそも宮古島でセーターをクリーニングに出す人なんてあまりいないのだろう。僕とKの2人分で、何枚ものセーターとマフラーまで何本も持っていった僕を見て、お店の人の方が驚いたに違いない。

当たり前だけど東京の常識は全ての常識ではなく、宮古島には宮古島の常識があるのだと思ったのだった。

宮古島の皮膚科。

指にいぼが出来ていて、しばらく放っておいたのだけど、時間があるので皮膚科にかかることにした。

宮古島にはいわゆる町の「皮膚科病院」は2つくらいしかなくて、あとは大きな病院にある皮膚科になる。

そこで一番家のそばの皮膚科に行ったら、待ち時間が1時間と言われて諦めて帰ってきた。

また次の日に町中にある皮膚科にオープン15分前に行ったら、すでに列を作って待っている人がいて、しょうがなくその列に並ぶことにした。

先生がとてもいい感じの女性で安心したのだけど、結局診察までは1時間くらいかかってしまった。

予約のできる歯医者などはいいけど、この島で病院に行く時には、しっかり曜日や時間帯の混み具合を調べた方が良さそうだ。

大型宅配便問題。

コンランショップで大きめのソファを買って送ろうと思ったところ、宮古島には配送することはできないと言われた。

これはコンランショップに限ったことではなくて、たいていの大型家具を買って送ろうとするとネットショッピングでも配達不可地域という返事が来てしまうことが多い。

「家具なんて全て宮古島で揃えればいいじゃん」という人もいたのだけど、宮古島にはお洒落な家具屋さんもないし、自分達の欲しい家具を一揃え揃えたら、お金がいくらあっても足りない。

離島でも大型家具を送ることは不可能ではなくて、クロネコヤマトの大型家具を送れる宅配便があるのだけど、大きさにもよるが一つ運ぶのに2万円以上取られることになる。

家具なんて執着する必要もないと言う考え方もあるけど、僕にとって家の家具は、一緒に年を重ねていく大切な宝物なのだ。

結局引っ越しで100万円かけて家中の家具を全て運んだのだけど、運んでおいてよかったと心の底から思ったのだ。

アンマー

沖縄県民の一番愛する歌をいつかラジオで特集していた。

一番はどんな曲になるのだろう?と思いながら、僕は、Beginの「島人の宝」かTHE BOOMの「島唄」かなと思っていたのだけど、結局一番は、かりゆし58の曲「アンマー」だった。

このアンマー。僕は今までそんなにきちんと聞いたことはなかったのだけど、改めて聞くとじんわりと泣けてくるような素晴らしい曲だった。

普遍的な母親像がしっかりと焼き付けられている。

 

https://youtu.be/4_OKI91h3tw

スコール。

宮古島では、朝はピーカンに晴れていたのに9時頃にいきなりスコールが降りはじめて、1時間くらいしたらまた止んで、太陽が顔を出して・・・なんてことがよくある。

今日も朝からよく晴れていたのでシーツを洗って外に干していたら、いきなりスコールが降ってきてシーツを慌てて取り込んだ。

そうしたら昼前にまた太陽がギンギラギンに顔を出した。

今の僕は、東京とは全然違うこんなスコールを楽しいとさえ思う。

島だからなのか、天気予報がほとんど当てにならないというのも島に暮らしはじめて知ったこと。

自分の視覚や嗅覚や肌感覚で天気を察知した方がよほど当たるようなのだ。

リフォームの行方。

2月は我々の暮らす母家のリフォームを行い、3月からは宿の部屋のリフォームが行われている。

リフォームが進んでいく中、玄関の場所を変更したり、収納庫の場所を変更したりしながらも、大体4割くらいまで工事は終わっただろうか。

先日、宮古島で宿をやられているオーナーに偶然お会いして、リフォームの進み具合などを聞かれた。

「遅々としていていつになったらオープンできるかわかりません・・・」と答えたのだけど、それで心配になったのか、オーナーが突然家にバイクでやってきて、家の進み具合を見に来たのだ。


「随分大々的にリフォームしてるんですね?それでお二人は昼間は何をやってるんですか?」

「特に何もしてないんです・・・やらなきゃいけないことがまだまだあって、雑務をこなしている感じですかね・・・」

本当は、ホームページも作らないといけないのに中身ができていないので作れないし、外壁の塗装も始めないといけない。保健所にも行って許可取りをしないといけないし・・・やることは沢山あるのに、なかなか身体が追いついていないのだ。

焦る気持ちもあるけど、僕たちなりに少しずつ目の前のできることをこなしていこう。そう思いながら、今日もふたりで庭の雑草取りなんかをしている。

カビとのつき合い方。

宮古島で暮らすことは、カビとつきあっていくことでもある。

移住者が一様に言うのは、湿気が多意季節にはカビ対策が欠かせないとのこと。

人によっては洋服ダンスの中に除湿機を入れたり、一日中除湿をかけていたりするのだそうだ。

僕たちの家は風通しがいいため比較的カビは少ない方かもしれないものの、皮のバッグにカビが生えたり、畳にカビが生えたり、革靴にカビが生えたりするのを時々発見する。

宮古島の今は東京の5月頃の気持ちのいい陽気なのだけど、これから梅雨を控えていていかにこの湿気やカビとつきあっていくか、色々対策を考えなければと思っているところ。